ホームステイでも楽しく過ごそう!

ホームステイでも楽しく過ごそう!

 

 

 

「ケロ吉くんの 楽しい川柳入門」
*小学生から大人まで、川柳の作り方を楽しく学べる本。*主な内容(川柳とは・川柳の作り方・作品紹介・川柳の味わい方・他)(紙製本総頁数:A5判・128頁)

 

「お笑いブック」
内容構成:・ショートコント全21頁・ギャグ全38頁・おかしな日本語全26頁・語呂合わせ全33頁の全118頁(紙製本の出版は無し)

 

「川柳作句入門」
内容構成:・はじめに・川柳の簡単な作り方・川柳作句の基本的な心得・川柳作句上達の心得・川柳作句の課題・添削指導例・参考作品・おわりに。(紙製本総頁数:A5判・120頁)

 

「川柳作句添削例集」
北の星川柳社発行柳誌「川柳北の星」の川柳教室から、北野邦生が指導に当たった全576例を挙げている。「川柳作句入門」書と併行させると効果的な作句研究が可能。(紙製本総頁数:A5判・74頁)

 

「川柳北の星抄特集」
北の星川柳社主宰北野邦生が、川柳の初心者から中堅にいたる柳人の、数多くの作品から選句した特集。「作句入門」「添削例集」と併せて利用すると、良き手本になる句集。掲載されている作者数:56名(紙製本総頁数:A5判・70頁)

 

「和英翻訳川柳」
日本の学生や外国人を対象に、北野邦生が自作川柳を英訳して出版。
I write the Senryu.Senryu is the Japanese shortest poetry.Friends of the world.I welcome you.(紙製本総頁数:A5判・73頁)

 

「川柳句集『独り言』」
川柳作句に取り組んで30年。数千句の中から自選した652句を、11分野(親・学校・言葉・友・社会・子供・希望・人間・自然・日常・生きる)に分別している。本格川柳の句集。(紙製本総頁数:A5判・146頁)

 

「歌集『人間模様』」
私の短歌は、十七音字の俳句・川柳では詠み切れない喜怒哀楽と真善美を、五感で把握し詠み込む短詩である。その表記法は、現代人に共通する口語体・新仮名遣いを基本としている。短歌は、老若男女の誰もが親しめる文芸であって欲しいと思う。
何れにしても、井戸の中に籠ったままでは、短歌を詠むことは難しいと考えている。
(紙製本総頁数:A5判・63頁)

 

「戯曲集『脱走』他12篇」
学校の児童生徒向き、一般の青少年向き、成人向きの戯曲が掲載されている。<各戯曲のタイトル>順不同・四季の国の大統領・ばいきんのうた・王様の宝物・イソップのおしばい・まっくろけ物語・つばくろのぼうけん・追憶・ロボットがほしい・昭和お伽噺・大人になったら・雪と夕日・王様の鼻・脱走(紙製本総頁数:A5判・146頁)

 

「詩集『破れ傘』」
私の詩は、固定的概念・観念にはとらわれず、老若男女に通じる言語で表現する「人間描写」であり「人生描写」であります。また、私自身の「独白」であり「心の声」でもあります。私にとって、ウィキペディアWikipedia)等に記されている「近代詩と現代詩」の歴史・特徴、「散文詩・自由詩」の区別等は不要です。詩は、「生きている人間の私的言語表現」であると自覚しているからです。(紙製本総頁数:A5判・164頁)

 

「川柳・短歌・詩『三段作法』実作例集」
川柳から短歌を、短歌から詩を生み出す― これが、北野邦生式「三段作法」の仮説です。実際には、川柳の構想から短歌の構想へ、短歌の構想から詩の構想へとステップを進めることになります。言い換えれば「一つのテーマで川柳から短歌へ、短歌から詩へと膨らませていく」ことになります。しかし、その作法を説明するよりも、具体的に、作品の形で実作例を示した方が分かりやすいと考え、80の実作例を挙げてみました。詩歌「三段作法」のテキスト代わりになるはずです。(紙製本総頁数:A5判・74頁)

 

「在郷秀の『時事川柳』手帳」
内容構成:人間によって構成されているあらゆる場面・社会・政界・国内外を凝視しての穿ちから、17音字による風刺的描写の時事川柳862句を雑記している。B5判・24頁。紙製本の出版は無し。在郷秀は北野邦生と同一人物です。

 

「川柳句集『核実験やめて花火にしませんか』」
川柳の底辺拡大のため、「誰にでもわかる川柳・誰にでもつくれる川柳」をモットーに、初心者の指導にあたってきた北の星川柳社主宰・北野邦生の自選459句。B5判・24頁。(紙製本総ページ数160頁)

 

-----------------------------------------------------------------------------------
ご希望の場合は、「コメント書き込み」で「希望書名・愛称・添付送信用アドレス」をお知らせ下さい。(北野邦生=在郷秀)